女性特有の病気

今日本人にとってがんは、死亡の要因で一番となっています。がんが死亡原因になる一番の問題は早期発見が遅れるという事です。がんは初期症状がどれもわかりづらく発見されにくいと言われています。健康診断などでも早期発見をしてもらう事ができる可能性も有りますが、自分で元気な時にがんの検診に通う事が大事です。なぜなら自覚症状がありおかしいなと思ったころにはがんはとても進行している可能性が高いからです。

特にがんの場合早期発見であれば自覚症状もない代わりに、完治する可能性はとても高いです。しかしその反対に自覚症状がある場合、治療がしにくく生存率も一気に低下してしまいます。特に女性の場合、結婚して妊娠出産、子育てなど専業主婦になる場合も多いです。 すると健康診断などを受ける機会が無くなってしまいます。自分の体を守るためには、定期検診を受けなければいけません。

女性特有の病気と言えば、乳がん、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、バセドウ病、月経不順や不妊などがあり、それぞれ年齢に応じて八種の確率が異なります。子宮筋腫、子宮内膜症、月経不順や不妊などの問題は若いうちに発症しやすく妊娠に大きな影響が出てしまいます。また子育ての真最中である40代ぐらいになると乳がんや子宮頸がん、子宮体がんなどがんの発症率も高くなります。このような女性特有の病気に対しての保険も増えてきているため、万が一に備えて加入する事がお勧めです。